ホーム>会社情報>沿革

沿革
このページを印刷する
西暦 日本鋼管ライトスチール(株) 川鉄建材(株)
1946年   摩耶鋼業(株)として創業開始
1952年   鋼製建具の生産・販売開始
1954年   青山特殊鋼(株)、新庄鋼材(株)と3社合併し川鉄商事(株)設立、同社魚崎工場となる
1956年 日本鋼管(株)が日本初のガードレールを箱根宮ノ下に設置  
1957年   軽量形鋼の生産・販売開始
1960年 日本鋼管(株)熊谷工場として創業開始
ガードレール、コルゲートパイプ、軽量形鋼およびエキスパンドメタル生産開始
日本鋼管ライトスチール(株)設立
川鉄商事(株)から分離独立 川鉄建材工業(株)設立
1964年   資本金3億円に増資
1967年   魚崎浜工場(現神戸工場)操業開始
資本金6億円に増資
1969年 資本金8億円に増資  
1970年 日本鋼管(株)から販売業務を継承  
1971年   技術研究所開設 千葉工場操業開始
1972年 九州フォーミング(株)設立 完全システム建築(川建メタルビル)の生産・販売開始
ガードレールの生産・販売開始
1976年   QLデッキの生産・販売開始
1980年 ライナープレート生産・販売開始  
1981年   資本金12億円に増資
1982年 ライトスチール工業(株)設立  
1986年 Cデッキプレート生産・販売開始
エルエスサービス(株)設立
 
1987年   QLセルラー電路システムの生産・販売開始
1988年 エルエス物流(株)設立  
1990年 九州フォーミング(株)にデッキプレート製造設備を新設  
1991年 日本セグメント工業(株)静岡工場稼働による大口径コンクリートセグメントの生産・販売開始
津工場稼働により関西地区のデッキプレート生産販売体制を確立
資本金18億円に増資
1992年 防護柵の新塗装ライン稼働  
1993年   防音壁の生産・販売開始
1994年 資本金9億8000万円に増資  
1995年 新中経管加工工場稼働 コルゲートパイプ、ライナープレートの営業権を川崎製鉄(株)から譲受
川鉄金属工業(株)と合併し、川鉄建材(株)に商号変更
資本金24億9000万円
1996年 大型成形工場稼働  
1997年 資本金13億5280万円に増資  
1998年   神戸工場がISO9001の認証を取得
1999年 ISO9002認証取得(Uリブ・デッキプレート) 千葉工場がISO9001の認証を取得
2000年   土木商品においてISO9001およびISO14001の認証を取得
2001年   建築事業部を分離
2002年 資本金28億5280万円に増資  
2003年 日本鋼管ライトスチール(株)・川鉄建材(株)合併 JFE建材(株)に商号変更 資本金50億円
千葉工場にホーロー焼成設備を建設
2006年 本店を神戸市から東京都中央区へ移転
会社情報